読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Go-ye@h総研

人も走る、馬も走る、意識も意念も想念も・・・

巨大総合病院での夢

dream diary

どこかの総合病院で検診結果を聞いている夢をみた。だが担当の医師は、健康診断で診てもらっているじいさま先生だった。そこが逆にリアル。
ドクターの机の上には、何やら薬が置いてあって、今にもその説明をしようとしている気配。いやいやいやいや、薬はいらないから、飲みませんから、そんな必要はないですの一点張りで押し切ろうとした。
まあそもそも、どこが問題で薬を出そうとしているんですか? 自覚症状は皆無なんですが・・・。そう問うてみる。でもって出された答えが、右の腎臓の機能低下。
この夢の「診断結果」は、自分のためのものなのか? それとも身内のものか? はたまた、泊まっていた温泉宿のまさに同じ部屋に前夜眠っていた人物の想念が残像していて、その共鳴を受けたということか?
いずれにせよ、もっとヘルシーな生活をせよということなのだろう。戒めにせねば。

ただ、看護師さんにキチガイじみた怪しい患者という役作りが受けて、調子に乗り気味だった点は、今後使えるかも? そういう反応をされると、ちょっと図に乗りたくなりやすいというか・・・。