Go-ye@h総研

守護霊さん(或いはガイドさん)、ナイスな馬券をスカッと当てさせてくれませんか?

本日はユニコーンステークス(GIII)

ルヴァンスレーヴはフランス語で「風立ちぬ」とのこと。

カッコいいネーミングに1票。デムーロの乗る1番人気で旨味がないとかこの際どうでもよい。


ユニコーンステークス

ルヴァンスレーヴ(デムーロ
グリム(川田)
グレートタイム(ルメール
ハーベストムーン(戸崎)
バイラ(和田)
ホウショウナウ(柴田大)

第35回カーター記念黒部名水マラソン

先月末、5月27日に黒部名水マラソンを走ってきた。

昨秋の初マラソンネットタイムで4時間11分弱。それに続く2度めのマラソンが今回。

申し込んだ昨年12月の時点では、出来るならギリギリ4時間を切りたいところと考えていたが、花粉症のほぼ終わった4月からおよそ2ヶ月じっくり調整する予定が狂い、走る時間が確保できるようになったのは4月の20日過ぎから。4月上旬から半ばにかけては多忙で2週間全く走れなかったこともあり・・・。

そういうわけで、万全とは言いがたいまま2度めのフルマラソンに出ることになった。

正味1ヶ月の調整期間ということで、それまで10キロ前後中心のジョグの距離を伸ばし、15キロ前後、20キロ前後の頻度を増やし、2週間前と1週間前にはそれぞれ30キロ走を2週続けて脚の耐久力を付けようと考えた。

いかにもインスタントなやっつけ調整っぽくて、故障リスクも頭をよぎったが、いずれも30キロ走はキロ6分前後のペースでしか走れなかったため、過度の負担にはならなかったのかも・・・。

脚のそこそこの鍛錬とエネルギー切れの経験を積めたのは良かった・・・と考えておきたい。

そして今回のゴールタイムは、ネットタイムで3時間58分弱。グロスでもなんとか3時間台に潜り込めた。

以下、次のマラソン大会に臨むにあたっての参考メモを良かったこと悪かったそれぞれ列記しておきたい。


個人的に良かった点

前夜&朝食に普段あまり食べない鯖&鯵の焼き魚を食べたら、スタート前の脚の尋常じゃない軽さを味わった。青魚成分が筋肉に効いた?

当日朝にカップの力うどんを食べ(出汁は飲まず)、小さいながら餅は腹持ちに繋がった可能性があるので、次回走るときは力うどんのカップを2個は食べたい。

エイドのカットオレンジに感動して、一瞬、疲労をごまかせた。ビタミンC補給に、次回は水に溶かすような顆粒のビタミンCのスティックを携行したい。

持参したヴァームのジェルに加えて、ショッツ(25キロで摂取)とメイタン(33キロ付近で摂取)を補給したが、摂取してしばらくしてから5、6キロはとても効いてる感じがした。前倒しをして、疲れを少しずつ感じ始める15キロ付近から7キロごとにショッツ&メイタン&ショッツ&メイタンの継続投入を企てようか・・・。

ブルックスゴーストの反発力によってグロスでもサブ4させてもらえたとしか考えられない(前回のマラソン大会で履いたシューズではサブ4無理だっただろう)。

ラソン大会当日は最高気温22度台(気象台発表。コースに近い場所の実測値では、24度台の数値があったような・・・)。それまでの練習期間に、25度を上回る気温高めの中を何度も走っており、当日落差があってやや楽だったのも大きい。

帽子の後ろに取り付けるの日除け布で、首筋に当たる紫外線&直射日光を適度に防御できたこと。


個人的に悪かった点

体重を落としきれなかったこと。初マラソン時が66キロ弱。今回が69キロ弱。この3キロの差は10分とは言わないものの、3分から5分は違っていたかな?

名物エイドのアイスを完食するのに手間取ったこと。のろのろ食べてもなかなか減らず、そこは意を決して立ち止まって堂々と速やかに完食し、その後ダッシュすべきだった。

スマホアプリのストラヴァは「数字を盛る」とわかっていたのに、その数字を信じきってしまい余裕かましすぎた(途中で、もうサブ4余裕じゃんと思い込んでしまい、ラスト5キロから多少緩んだ)。フルマラソンの距離なら3分盛られると考えて、計測値よりも3分遅いとみなすべきか?・・・。新幹線や鉄道の高架など、パワフルな送電線の下をくぐるとGPSが狂うのはお約束なのに、真に受けすぎた。

 
今回の黒部名水マラソンは、2キロごとに提供される水が美味しくて、心ゆくまで愉しめた。水以外の利用は少なかったが(いただいたのはアメとオレンジと塩アイスのみ)、ボランティアの方々のクオリティも高かった。富山県の県民性もきっとあると思われる。

ゴールした瞬間は、とりあえず目標に達したので、もうマラソン大会の遠征はせず、今後は近場で済ませようか・・・と思いもしたけれど、この大会はやはり素晴らしかった。環境も人も。

また来年以降も必ず出たい。

本日は安田記念(GI)

府中の来場タレントがヤギラ。

ダービーでは今年のCMタレントの4人を集結させて、このタレントひとりだけ連投とか。

じゃあ福永にもう一丁の可能性も?


安田記念

スワーヴリチャード(デムーロ
サングレーザー(福永)
リスグラシュー武豊
レッドファルクス(田辺)
キャンベルジュニア(石橋脩
ペルシアンナイト(川田)

明日は日本ダービー(GI)

ダービーの東京競馬場には、CM出演タレントの4人が揃い踏みするとのこと。

それよりも裏開催の京都競馬場のゲストに上川隆也さんが呼ばれていることの方が、よほど考えさせられる。

上川隆也さんといえば「大地の子」。役名・陸一心。

大河ドラマの「功名が辻」なら山内一豊役。

それらがサインだとすると、どういう感じになるのだろうか?

1枠の圧倒的1番人気・ダノンプレミアムへのサインだとするとあんまりだ。逆に飛ばしてくれ・・・。


日本ダービー

ダノンプレミアム
ワグネリアン
ゴーフォザサミット
ステルヴィオ
ジェネラーレウーノ
ブラストワンピース

本日はオークス(GI)

東京競馬場のプレゼンターは土屋太鳳さん。

2月3日生まれの23歳。

胴元さんは、2と3をどう活用してくるだろうか?


オークス

ラッキーライラック石橋脩
アーモンドアイ(ルメール
サトノワルキューレデムーロ
カンタービレ(田辺)
オールフォーラヴ(和田)
ロサグラウカ(戸崎)

本日はヴィクトリアマイル(GI)

みんなのケイバ」のゲストは、競馬好きのおっさんにとって何の存在意義もない変なジャニーズ男(名前の「翔」に「羊=8」が含まれている)。

1番人気のリスグラシュー(8枠)で良いというサイン役か? しかも本命決着の・・・。

どうせなら、先週同番組に出ていた祥子さんとかいう元グラビア系の人で充分だっただろうに。

お笑いもジャニーズも競馬系番組には要らん。

グラビア系やマイナーアイドルたちこそ起用すべき。

 

ヴィクトリアマイル

リスグラシュー武豊
ミスパンテール(横山典
ソウルスターリングルメール
レッドアヴァンセ(北村友)
ラビットラン(川田)
アドマイヤリード(デムーロ

ソルティライチはちょっと疲れてから(個人的メモ)

去年から冷蔵庫に入ったままになっていたソルティライチのパウチをお供に昨日はジョギング。

 キリン 世界のKitchenから ソルティライチ 300g×30個

キリン 世界のKitchenから ソルティライチ 300g×30個

 

 朝のうちはまだ全然涼しくて、日差しはぼちぼち強くなりつつあったとはいえ気持よく走れていた。

汗もダラダラかいてはおらず、給水は水でも良かったな・・・と思いながらも、パウチの中のソルティライチ(300ml)を2度で飲みきった。

たかが300ml。されど走っているとウエストポーチにとっては重く感じる300ml。ポーチが揺れるのでしまいには持って走ることに。

それはいいとしても、通常は水かバームか何かのジェルをもっぱらジョギングのお供にしている人間にとって、ドドンと塩味の効いたソルティライチに体内のミネラルバランスをダイレクトに崩されたのか、おろしたてのシューズの影響による下肢の筋肉痛はともかくとして、肩まで異常に凝ってしまい(何かを持ちながら走ることには慣れているはずが)、とくに右肩は一過性の五十肩っぽい症状まで出現。

血中の塩分濃度が普段よりも妙に上がった結果だろうか? さしずめ筋肉や関節各所がびっくりしていた?

体内は体内で、塩を排出せねばと頑張ったのだろう。そんなに汗をかいたつもりではなかったのに、ウェアのとくに腕の部分には塩の「等高線」が描かれ、顔は塩だらけに。真夏の炎天下でもないのに・・・である。

塩分取るなら、それ以前に水もしっかり摂取せよということかな? ある程度消耗してからこその塩!・・・みたいな。

数時間が経過してバランスがだいぶ戻った頃合いに五十肩の症状は消えたものの、ふくらはぎとアキレス腱の筋肉痛は強まるばかり。

こっちの痛みは、純粋におニューのジョギングシューズによって慣れない走り方をしたせいなのだろう。これはこれで致し方ない。

体内のミネラルバランスを急激に乱しちゃいけない。気をつけよう・・・というセルフメモということで。

「競馬どんぶり」読了

「競馬どんぶり」(浅田次郎著)を読了。

この著者の本を読んだのは「勝負の極意」に続き2冊目。いずれも競馬本である。 

競馬どんぶり (幻冬舎アウトロー文庫)

競馬どんぶり (幻冬舎アウトロー文庫)

 

 競馬を始めた頃だとか暗中模索の時期であれば、食い入るように読んだ本となっただろう。

読んでいて最も印象に残ったのは、「競馬っていうのは、いちばん上手くなる競馬っていうのは、馬券を買わないで予想だけしているのが上手くなるんです」という記述(インタビュー形式でものされた本なので、文体が口語ちっくで面白い)。

まさに忙しくて馬券を買えなかった時は結構いい塩梅になるのをたっぷり経験しており、まさにこれは真理だ!・・・と実感できるから。

とくにここ最近。