Go-ye@h総研

守護霊さん(或いはガイドさん)、ナイスな馬券をスカッと当てさせてくれませんか?

初マラソン後、半月経過

初めてマラソンを完走してからおよそ2週間が経った。

普段、5分50秒前後でダラダラと10kmからせいぜい20km程度を走っているだけで、とりあえず完走は大丈夫だろうという見立てであった。月々の平均は200km前後。

とりあえず無理をしないで気持よく走ることを重要視していた・・・とは言える。まずは身体に露骨な負荷をかけ過ぎずにジョギングする習慣をつけて、身体から少しでも脂肪を減らしたいという気持ちもあって(体重は5キロ減)。


走ったのは第1回の松本マラソン(2017年10月1日)。序盤の5kmまで下り、残りは上り基調というコース紹介がランナーズ雑誌に載っていたこともあり、あわよくば4時間を切りたいとは頭の片隅で意識していても、坂が多いのなら素人には敷居が高いだろうと常に感じていたし、所詮は無理であった(ネットタイムは4時間11分前後)。どうしても4時間以内で走りたいという切実な欲望や義務感もなかったわけで。

マラソンのペース表をチェックしてみると、1kmを5分50秒で走ると4時間6分。1kmを5分55秒で走ると4時間9分、1km6分ちょうどで走ると4時間13分ということなので、だいたいいつもの練習通りの結果だった・・・と言えなくもない。

マラソンとは、初心者のレベルでは意外にロジカルなのね?・・・と感じた次第。

ということはもう少し進歩するなら、5分50秒前後で気持よく走るこれまでの練習習慣を、20秒とは言わないからせめて15秒ほど上げて5分35秒前後で20kmくらいまでは安定して気持よく走れるようにすることだろうか。5分35秒クルージング。

幸いに、42.195kmを走って以降、5分30秒を切るペースで10km前後走っても、キツすぎると感じなくなっている。気温が低下傾向でそれだけで走りやすさもアップしているのだろうが、滅多に経験しない距離を1度とはいえ走ったことにより、いくらか体力と脚の耐久性のようなものも付いたかな?


2月半ばから花粉症が始まり、4月20日すぎまでは影響を受ける。いかにも症状が出る目や鼻や喉以外も、全身が炎症状態に入る感じでキレがなくなるので、その間はマラソン大会どころではないし、マスクしいしい走るのもアレである。当然体力も落ちる。第一、だるくてうざくて無理したくない。

というわけで、次にマラソン大会に出るとしたらおそらく来秋。だいたい1年後ということになる。

1度はマラソン大会に出て完走した!・・・というのが今年2017年。2018年は主体的に少しだけタイムを縮める工夫をするべく、普段の練習時のペースを少し上げることと、月に1回は絶対に30km以上走るようにすることかな?、必要なのは。

初マラソン時の35km過ぎでのペースダウンが身にしみたので。

今回の初マラソンに向けて、早朝の空腹時ジョギングを7月以降何度か行った。真夏でも早朝なら何とか走れないこともないことは学んだから、暑い時期にはその頻度と距離を増やして、脚の鍛錬&スタミナ対策を目論みたい。

そして何よりも故障しないように、無理をしないということだ。今年は9月の半ばに、暗闇の中で3キロながらいつもよりも1分近く速いペースで走ったあと、臀部とハムストリングを痛めてしまい、その後に計画していた距離を走ることが出来なかった。

直前期に必要以上に頑張りすぎないための「天の配剤」だった可能性もあるけれども、いくら走力向上を意図するとはいっても、ガラにもなく速く走り過ぎないようにすることも肝に銘じたい。

1年後、ゴール後にことさらダメージをこうむることなくケロっとしながら、首にかけてもらう完走メダル、肩にかけてもらうフィニッシャータオルとともに、手渡されたジュースの類を美味しく飲み干したいものである。

意識するのは、1km5分35秒巡航の気持ち良い習慣化。目標タイム3時間55分前後ということで。

本日は秋華賞(GI)

本日の新潟競馬場のゲストの倉持由香さんは、何やら3連単をよく当てているようだ。

去年まで小嶋陽菜さんが得ていた情報源と、新たに繋れるようになったのかしらん?

かつての「ヤリ放題」が嘘のように苦戦中の小嶋陽菜さんに対して、近頃高配当を度々当てているという件の倉持由香さん。ルックスも心なしか勝負師然としている気がする。

昨日今日競馬を始めたばかりっぽいタレントさんもバンバン的中馬券をゲットしているんだぞ!と射幸心を煽る役割を担わせて、3連単を中心とした馬券の浸透を図りたい部署としても、いつまでも同じルートを活用し続けるのは危険なのだろうし・・・。


GIヘッドライン「唯一の秋に咲け、麗しき世代の真なる輝き。」

京都競馬場ゲスト・・・尼神インター
新潟競馬場ゲスト・・・倉持由香星島沙也加、ヤン、JOY

フジテレビ「みんなのケイバ」スタジオゲスト・・・岡部幸雄、祥子、曽田麻衣子

「週末はウマでしょ」・・・カワキタエンカ
「土曜名馬座」・・・ジェンティルドンナ

広告を非表示にする

本日は毎日王冠(GII)

GIシーズンの風物詩となっている林センセの「週末はウマでしょ」がまた始まった。

林センセの推奨馬の取捨選択が難しいのだが、今週の毎日王冠ではリアルスティールをピックアップ。

ヤリとヤラズが比較的はっきりしている馬?なので、今秋シーズン第一回目の推奨馬だからバッサリ切りたいところだが・・・。


そして今週の注目事象は、テレビ東京で「土曜名馬座」なるJRAによる番組が始まったこと。

登場するのと語りが仲村トオルである必要性があるのかどうか謎だが、有名ドコロの馬の回想番組らしい。初回はオルフェーヴル

記憶に新しすぎる馬のくせに、映像を昔風の味わいある映像に加工しているため、はやくもノスタルジックな印象を醸し出していた。


東京競馬場ゲスト・・・井崎センセ、鈴木淑子、丹下日出夫、松沢一憲
フジテレビ「みんなのケイバ」・・・カンニング竹山横山ルリカ

「週末はウマでしょ」・・・リアルスティール
「土曜名馬座」・・・オルフェーヴル、「ヘミングウェイと荒馬」

明日はスプリンターズステークス(GI)

凱旋門賞ウィークでもあり、それに伴うイベントや帯番組もあったりするが、全然興味が掻き立てられない。

海外レースの馬券をたまに買えるようになっていても、そそられないものはそそられないのである。

それに、かつては中山競馬場スプリンターズステークス当日のイベントゲストで安めぐみさんや磯山さやかさんが登場し、その時間に合わせて観に行ったこともあるというのに、今年はそういう気分も全く湧かないじゃないか・・・。

軽く馬券を買うのみ・・・だ。

GIヘッドライン「超速を見逃すな、この煌めきに瞬きは許されない。」

中山競馬場ゲスト・・・藤原竜也
阪神競馬場イベントゲスト・・・ジミー大西ギャロップ
フジテレビ「みんなのケイバ」ゲスト・・・安藤勝己安田美沙子、高田翔

本日は神戸新聞杯(GII)&オールカマー(GII)

中山競馬場のジョッキーフェスティバルは、開始が16時45分からとなっている。

遅い、遅すぎる。そんな時間に居残ってイベントを眺めるなんてよほど奇特な人だ。

プログラムの3つ目に、「古作一丁目マラソン」というものがあり、これは真新しい企画っぽい。障害コースをクロカン風に走ることになるのだろうか?

 

両レースとも、8番が1番人気。どちらかは来るんだろうが・・・。


中山競馬場ゲスト・・・内藤大助森脇健児横山ルリカ
阪神競馬場ゲスト・・・cowcow
フジテレビ「みんなのケイバ」ゲスト・・・レッド吉田、筧美和子

本日はセントライト記念(GII)

3日間開催の3日目は中山のセントライト記念

その中山のイベントは地味で、騎手の普段着写真?の販売など。誰が買うんだろう?

昨日のフジテレビのスタジオゲストに、おっさんにとっては全く存在価値のない変なジャニーズを呼ぶことで、ローズステークスの6番と下一桁が6の16番が馬券圏内に来たように、密かなサイン発信を怠らない胴元さんにとって意味はあるわけだ、たぶん。

そのセントライト記念だが、毎度おなじみの両外人・デムルメ(デムーロルメール)が1番人気と2番人気。どちらかしか来ない可能性はあるが、こういうレースを用意されるのは白けるし、ガイドさんが今日の競馬は止めとけ!と言っている気もするから、馬券は買わない。気乗りしない時は、無理に買わないことだ。

これで一昨日昨日の二日間の競馬はプラス確定。気分よく次の週末を迎えることにする。

阪神競馬場イベントゲスト・・・松本伊代月亭八方月亭八光、レギュラー
中山競馬場イベント・・・ジョッキープライベートフォト販売、白井物産展

本日はローズステークス(GII)

8月より日曜日にゲストサインのメモをココに始めてからというもの、その当日の競馬ではたった一つのレースも当たっていない。すべて壊滅。

ということは、オーソドックスなゲストサインとは異なるコードが(とくに日曜日には)貫かれていると考えるしかない。こんなのメモるのやめろと、ガイドさんから言われているようなもの・・・だったりする気もしている。

今日はフジテレビの競馬中継のゲストに新顔らしき名前がある。誰なのか一応調べてみたら、ジャニーズらしい(それ以上の興味は消失)。

「ジャ」ニーズだから「蛇」で、イコール「巳」だから「6」。

ローズステークスの6番・リスグラシュー武豊鞍上)鉄板サイン!?などというのは、20年以上前の古臭いサイン解釈・・・なのかもしれぬが・・・。


阪神競馬場ゲスト・・・ペナルティ、桜稲垣早季、福本愛菜
みんなのケイバ・スタジオゲスト・・・井森美幸塚田僚一

本日はセントウルステークス(GII)と京成杯オータムハンデキャップ(GIII)

いつも7月の終わり頃にやっていたような気がするフジテレビの27時間テレビが、9月のこのタイミングに放送中。

競馬中継はレースのみになると思われるから、サイン発信に使われそうなスタジオゲストはのぞめない(おなじみの鈴木淑子さんらしい)。

では競馬場ゲストは?というと、これまたお馴染みの横山ルリカ嬢。おっさん顔負けの見事な講釈を、立て板に水のように喋るんだろう。他に阪神競馬場にはお笑いがチラホラ。

JRAのイベントサイトをチェックしてみると、中山開催のチャリティイベントの欄にジョッキーオリジナルタンブラーの写真が載っており、そのボディには松岡の写真。

中山メインで松岡が乗るのは休み明けのウインフルブルーム。その両隣が1番人気と4番人気なので、どちらかは必ず来るという程度のサインか?


阪神競馬場ゲスト・・・横山ルリカ、夏目耕四郎