Go-ye@h総研

人も走る、馬も走る、意識も意念も想念も・・・

2月8日・9日・10日の馬券回顧

土曜日は府中競馬場が大雪の影響で中止(翌々日の月曜開催)。翌日曜日も雪の影響が残り中止(来週の月曜日に代替開催)。

そのためこの三日間は、メインレースを合計5レース購入した。

土曜日の小倉メイン・早鞆特別は、幸先良く3連複を取るも、3番人気以内3頭のクソ馬券だったためガミ。続く京都メイン・すばるステークスは10番人気前後の4頭(9、10、11、12番人気)はケアしていたものの、使ってきたのはそれより酷い14番人気。可能性は全て潰さないとな・・・。この日は両レースともガミ。大敗。

昨日は、前日の影響でPAT内の資金が乏しくなってきたため、両レースとも絞りに絞った。小倉メインの壇ノ浦特別は、そうやって削った1頭が絡んでしまいハズレ。京都メインのきさらぎ賞は、もっと絞って4頭ボックス状態にしたら、そのうちの3頭が馬券圏内に揃ったものの、圧倒的人気馬が2頭含まれていて儲けは微々たるもの。2レーストータルでは微妙に負け。

そして月曜日の代替開催。府中メインは白嶺ステークス。1レースとしては今年最も突っ込んだ。3連単までもいつもより多めに。1、2番人気と10番人気前後というシナリオに賭けた。

が・・・。まあたしかに1、2番人気が両方共外人というのは引っかかっていたのだ。それでもどちらかは来ると考えていたけれど、実際は両方共消えた。おさえの馬券が少しかすったのみで、この日も大敗。

5レース中、3連複を2本取っていながら、それがいずれも超人気サイドだったため、まるっきり儲からず。この三日間トータルすると、思い出したくないほど負けた。

何日か前にみたくもないサゲマンの夢をみたからだ。サゲマンは嫌だ。つくづくそう思う。

とはいえ、今回の馬券を買う際に、どことなくハズレても納得・・・という意識がどこかにあった。そういう時は、えてしてこんなもんなのだろう。