読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Go-ye@h総研

人も走る、馬も走る、意識も意念も想念も・・・

12月21日・22日・23日の馬券回顧

21日土曜日は中山大障害、中山メイン・ラピスラズリステークス、阪神メインのラジオNIKKEI杯2歳ステークスの3つ。22日有馬記念デーは、有馬記念と阪神11R、12R。23日は阪神カップのみ。三日間で7レースを購入した。

21日は、中山大障害でワイドトリプルを獲得。これでプラスは確保したものの、それなりに自信のあった中山メインを外し、続く阪神メインも取れず、結局微々たる儲けに。

22日は前日発売で有馬記念の馬券は買っておいたものの、前日の土曜競馬中継で、斉藤とかいうくどい顔したお笑いが予想をたてつづけに当てたのが、JRAによるサイン発信ではないかと解釈し、ヴェルデグリーン絡みの馬券を買い足した。何せ、ジャングルポケット産駒(お笑いのコンビ名がジャングルポケット)、調教師の名前が斉藤。この馬を有馬記念で3着させるサインとして、井森美幸さんよりも視聴率を稼ぎ出せるとも思えない、くどい顔のお笑いを番組に起用するよう胴元さんは命令を発したのではないか?・・・と思えたものだから・・・。万が一来た時の後悔は尋常ならざるものとなるはず。というわけで、後悔しないために買い足した。それもたっぷりと。

まあそれが原因でこの日はマイナス。有馬はガミり、阪神11Rのサンタクロースハンデは複勝が当たりドローに持ち込めたが、阪神最終がまるっきり大外し。狙っていた馬が直前に除外になったらしく、そこから組み立てた馬券が、多少の払い戻しを除いてもリカバー出来るはずもなし。

三日間開催の最後。阪神カップは、ガルボ軸の馬券をもっていながら、ヒモに相手が含まれていなかった。ということで、三日目は全滅。しかしPAT内に資金があまり残っていなかったおかげで、まあいいか‥・・という程度ではあった。

負けまくった気もするものの、重賞4レースに関しては、トータルすればプラス。だからショックはあまり受けないで済んだ。