Go-ye@h総研

人も走る、馬も走る、意識も意念も想念も・・・

「孤塁の名人」

津本陽著「孤塁の名人」を読了。合気術の超名人について書かれた書物である。これを読んでいるうちに起こった個人的事象として特筆すべきは、腕立て伏せをするようになったこと。下半身を鍛えるだけでなく、上半身の重要性をも説いているからだ。下半身に関してはウォーキングをそれなりにやっているものの、それ以外の部位に関してはたしかに手薄であった。この書物に書かれている超名人・佐川幸義さんは腕立て伏せをたっぷりやっていたそうなので、それを参考に腕立てに対する意欲がわいたのであった。

書いてあることを参考にするだけで実際の合気術の実力がつくわけはないが、読んでいるうちにもろもろ意欲が湧く。そんなパワーに満ちている本である。定期的に再読したい。

 

孤塁の名人―合気を極めた男・佐川幸義 (文春文庫)

孤塁の名人―合気を極めた男・佐川幸義 (文春文庫)