読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Go-ye@h総研

人も走る、馬も走る、意識も意念も想念も・・・

自らの著書の宣伝が多すぎるのが玉に瑕

船井幸雄のズバリ本音」(船井幸雄著)を読了。

2011年の前半に書かれた著者のブログの記述と、それに対してのちのち自ら加筆した本。非常にスリリングな時期に書かれたものなので、そういう「危機」がもたらした内容をあとあと(2年以上経過した今)読むと、あらためて大いに何か感じ入ることもあるのではないか?・・・と思い手にしたわけである。

最近は、どうも読みたい本が本屋にない。そんなわけで本屋へ行くことがかなり減っているのだが、今回読んだ本の中で、新しく読んでみたい本のタイトルを2つ見つけた。その本への「橋渡し」をしてくれる意味があったのかな?

尚、最近の船井さんのブログの記述は、内容的にシンプルになりすぎているなと思ってきたが、今月からはとうとう息子さんの記述が載るように・・・。オカルトパワーの巨匠として、まだまだ書いていただきたいことがたくさんあるはずなのだが・・・。

 

船井幸雄のズバリ本音 ~3・11が教えてくれた日本と日本人の進むべき道

船井幸雄のズバリ本音 ~3・11が教えてくれた日本と日本人の進むべき道