Go-ye@h総研

人も走る、馬も走る、意識も意念も想念も・・・

ベールを脱いだ日本古代史

「ベールを脱いだ日本古代史」(坂本政道著)を読了。

日本の記紀を読んでもホンマかいな?という感じに満ち満ちているが、これはこれでホンマかいなの連続。だが、腑に落ちる度合いの点では、意外や意外今回読んだ本も負けていない・・・と思う。なにせ、「物事を都合良く書き換える勝者の論理」に疑問を呈しているところが、判官贔屓心をくすぐられるからだろう。

坂本政道 ベールを脱いだ日本古代史 高次意識トートが語る

坂本政道 ベールを脱いだ日本古代史 高次意識トートが語る