読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Go-ye@h総研

人も走る、馬も走る、意識も意念も想念も・・・

ドイツVSアルゼンチン1-0

2014年のワールドカップは、ドイツの優勝で幕を閉じた。 ワールドカップの中継や録画をテレビでチェックするようになったのは、1986年から。この28年の間に、優勝を2回見ることが出来た。 前回優勝の1990年の時に比べて、今回はドイツのすべての試合を見られ…

ドイツ爆勝

今日のワールドカップ準決勝ブラジルVSドイツ戦のスコアを予想できた人が、はたしてこの世界中で何人いただろう? ひとりもいないんじゃあるまいか? 中盤での守備が甘く、サイドバックも守備が甘い。キャプテンとエースが不在とはいえ、そんな守備面で緩い…

フットブレインが始まる

今朝はワールドカップの準々決勝「ドイツVSフランス」戦(1-0)と、同「ブラジルVSコロンビア」(2-1)の試合を立て続けに見た。 午前3時に1試合目が終わったあと、2時間の仮眠をとって2試合目もチェック。テレビ観戦とはいえ、サッカー好きみたいなスケジュ…

守備を軽視した報い・・・日本代表グループリーグ敗退

サッカーの日本代表は、1分2敗でグループリーグ敗退。しかもグループ最下位! そしてギリシャが1勝1敗1分けで勝ち上がった。 結局、守備がしっかりしていれば、ギリシャのような僥倖を引き寄せられる可能性もあった・・・ということになる。 たかが世界ラン…

スペイン語圏への興味

ワールドカップで中南米の国が勝ち上がって行くことを、思いっきり喜んでいる夢をみた。ヨーロッパでもドイツ語圏(ドイツ&オーストリア&スイス)とチェコ&スロバキア、ハンガリー、スロベニアくらいしか興味もなかったのが、まるで嘘のような夢である。 …

タワゴトと身の丈

初戦に続いて、日本の試合の前にイングランドのゲームが組まれていたので、後半をぼーっと見ていた。 一度は同点にしたものの、最後は決勝点を奪われて、イングランドは2敗目。また負けちゃいましたな・・・。 そのおよそ1時間後に日本VSギリシャの試合が始…

ドイツ代表ミュラー、ハットトリック

日本のゲームを除くと、最も楽しみな予選リーグのカード「ドイツVSポルトガル」の試合をチェックした。 強くて硬いチームというイメージだったかつてのドイツが、ゲルマン系純血を捨てたというか、新しい血がブレンドされて、攻撃面でハーモニーを奏でている…

あーあ、負けちゃったのね・・・

サッカー・ワールドカップの日本VSコートジボワール戦を見る前に、イタリアVSイングランドの試合もチェックしておきたい。というわけで、ゆっくり寝ていたいが今朝は7時直前の起床となった。 総合テレビのハシゴ。イングランドの左サイドの詰めが甘く、決勝…

ついにサッカーW杯開幕

ブラジルワールドカップが始まった。 ブラジルVSクロアチアの開幕戦を、フジテレビが中継。サッカー中継の実況に関しては、フジテレビは嫌悪するレベルではない印象なので(それ以外の点では、局として見るに値しないケースが目白押し。日曜日の競馬中継も、…

コートジボワール戦は何が何でも引き分け以上で

大会前最後の練習試合も終了し(ザンビア相手に4-3で勝ち)、残すは初戦のコートジボワール戦を迎えるだけとなったサッカーの日本代表である。 守備を度外視し、点を取ることを主眼に置いていると思しき日本代表。そんなんでいいのかね?と思うが、監督さん…

ブラジルのワールドカップが迫ってきた

先日行われたサッカー日本代表の壮行試合(対キプロス戦)は完全に見逃したので、今日(対コスタリカ戦)は午前中の放送を録画してチェックした。 これがコスタリカ国内で行われていたなら、スタンドに美女がゾロゾロ・・・ということも期待できた?のだろう…

ブラジルワールドカップ日本代表発表

男子サッカーの日本代表選手が発表になった。 別に浦和のファンだったというわけでもないし、代表に召集されて必ずしも大活躍していたわけでもなかったが、ヘルタ・ベルリン所属の細貝がリストから漏れたのが悲しい。手堅いサブ要員になり得たと思われる中村…

ヨーロッパの準強豪国にはまあまあそこそこ出来る

ベルギーがFIFAランクで5位になっていたなんて・・・。 それでもって、日本で開催されたワールドカップ時のベルギー代表の主将だったヴィルモッツが監督になっていたなんて・・・(政治家志望じゃなかったんか?)。 録画しておいたベルギーVS日本の国際親善…

ワールドシリーズに日本シリーズ

お昼休みの時間帯に、ちょうどワールドシリーズの決着が重なった。 マウンド上には上原がいる。まさに見せ場。その場面で、左打者の外へ落ち気味のスプリットを投げて空振り三振、ゲームセット。それでもってレッドソックスはワールドシリーズ制覇。 ジーン…

ドラフト翌日の個人的「風物詩」が途切れる

ドラフトの翌日は、新入団選手の情報をちょっとチェックするために、必ず東京中日スポーツを買うことにしていた。もう20年以上も。だが今年はとうとう買わなかった。 パ・リーグの優勝チームに競合の末ドラフト1位指名された高校生の記者会見場にその両親が…

千両役者・イチロー

朝からメジャーリーグ・ヤンキースVSレンジャースの放送をNHK地上波でやっていた。 黒田とダルビッシュが両先発で、イチローもスタメン。ついTVをつけっぱなしにして、他のことをやりながらチラ見し続けた。WBCを除くと、今年初の野球中継チェックとなったか…

WBC・・・ミスター赤ヘルの株が暴落した日

WBCが終了した。プエルトリコと対戦した準決勝での敗退。 東京ドームで「打撃練習」をしてしまい、つい気が大きくなった打撃陣は、脇が甘くなっていたことは否めないだろう、たぶん。やはり当初から言われていた「欠陥球場」である。 再三打った井端の名前を…

井端!!!

WBCの全日程のまだ半ばかもしれないが、ここまでの打率.667の井端にあらためて惚れた。やっぱイイ。 その彼が、数年前の日本シリーズで、頑ななまでに引っ張ってばかりいて凡打を繰り返していたのは、どこからともなくヤラズ命令を受けていたからなのだろう…