Go-ye@h総研

守護霊さん(或いはガイドさん)、ナイスな馬券をスカッと当てさせてくれませんか?

本日はアルゼンチン共和国杯(GII)

サインで暗示した・・・と思われるネーミングに絡んだ馬を、「出題」したその週に使わずに、翌週ありがたくない人気馬で活用し使うのにはうんざりさせられる。 天皇賞秋のグレーターロンドンを囮として沈ませたのに対し、単勝180円の1番人気で1着させた京王…

本日は天皇賞(秋)(GI)

秋の天皇賞だからといって府中に派手なゲストを呼ばないところが、いま現在の皇室に対する胴元さんの基本スタンス・・・なのかもしれぬ。 台風接近によるこの雨模様では客の入りも芳しくはないだろうから、予めそれを見通していた? 結局、事情通の胴元さん…

本日は菊花賞(GI)

菊花賞ウィークのGIヘッドラインに「菊」の文字が入っている中で、上位人気の菊沢厩舎が馬券圏内に来るかどうか? 先週の秋華賞で1番人気を吹っ飛ばしたコンビ(鞍上&トレーナー)なので、お返しでやらしてもらえる可能性はあると思うけれども・・・。 GIヘ…

初マラソン後、半月経過

初めてマラソンを完走してからおよそ2週間が経った。 普段、5分50秒前後でダラダラと10kmからせいぜい20km程度を走っているだけで、とりあえず完走は大丈夫だろうという見立てであった。月々の平均は200km前後。 とりあえず無理をしないで気持よく走ることを…

本日は秋華賞(GI)

本日の新潟競馬場のゲストの倉持由香さんは、何やら3連単をよく当てているようだ。 去年まで小嶋陽菜さんが得ていた情報源と、新たに繋れるようになったのかしらん? かつての「ヤリ放題」が嘘のように苦戦中の小嶋陽菜さんに対して、近頃高配当を度々当てて…

本日は毎日王冠(GII)

GIシーズンの風物詩となっている林センセの「週末はウマでしょ」がまた始まった。 林センセの推奨馬の取捨選択が難しいのだが、今週の毎日王冠ではリアルスティールをピックアップ。 ヤリとヤラズが比較的はっきりしている馬?なので、今秋シーズン第一回目…

明日はスプリンターズステークス(GI)

凱旋門賞ウィークでもあり、それに伴うイベントや帯番組もあったりするが、全然興味が掻き立てられない。 海外レースの馬券をたまに買えるようになっていても、そそられないものはそそられないのである。 それに、かつては中山競馬場のスプリンターズステー…

本日は神戸新聞杯(GII)&オールカマー(GII)

中山競馬場のジョッキーフェスティバルは、開始が16時45分からとなっている。 遅い、遅すぎる。そんな時間に居残ってイベントを眺めるなんてよほど奇特な人だ。 プログラムの3つ目に、「古作一丁目マラソン」というものがあり、これは真新しい企画っぽい。障…

本日はセントライト記念(GII)

3日間開催の3日目は中山のセントライト記念。 その中山のイベントは地味で、騎手の普段着写真?の販売など。誰が買うんだろう? 昨日のフジテレビのスタジオゲストに、おっさんにとっては全く存在価値のない変なジャニーズを呼ぶことで、ローズステークスの6…

本日はローズステークス(GII)

8月より日曜日にゲストサインのメモをココに始めてからというもの、その当日の競馬ではたった一つのレースも当たっていない。すべて壊滅。 ということは、オーソドックスなゲストサインとは異なるコードが(とくに日曜日には)貫かれていると考えるしかない…

本日はセントウルステークス(GII)と京成杯オータムハンデキャップ(GIII)

いつも7月の終わり頃にやっていたような気がするフジテレビの27時間テレビが、9月のこのタイミングに放送中。 競馬中継はレースのみになると思われるから、サイン発信に使われそうなスタジオゲストはのぞめない(おなじみの鈴木淑子さんらしい)。 では競馬…

本日は新潟記念(GIII)と小倉2歳ステークス(GIII)

今たまたま読んでいる本に、上原という名前の軍人さんの記述がある。 その偶然がシンクロして、新潟記念の人気薄・上原厩舎の馬(大外枠)が稼働してくれないものか? それはそうと、フジテレビの競馬中継のゲストのタレントさんが、「クミッキー」というニ…

すっごーい!&へーきへーき!

TV

テレビ東京で再放送されていた「けものフレンズ」(8月29日が最終回)をチェックし終えて、すっかりこのアニメのファンとなった。 主人公の相棒役のサーバルちゃん(サーバルキャット)がカワイイので、ぬいぐるみやフィギュアでも・・・と考えたいところだ…

本日はキーンランドカップ(GIII)と新潟2才ステークス(GIII)

昨日、とあるマラソン大会のエントリーセンターからの封筒が届いた。 ゼッケンやら計測チップやら、リアリテイのわくものとともに、参加賞のTシャツも入っていた。 その色がかなりナイスだったので気に入っていると、珍しく嫁さんも一目見て気に入ったようで…

本日は札幌記念(GII)と北九州記念(GIII)

先日読んだ講談社現代新書「参謀本部と陸軍大学校」に、陸大の成績優秀者は作戦に、そうでないものは情報に行くケースが多いということで、陸軍全体に情報軽視の土壌があったというニュアンスの記述があった。 参謀本部と陸軍大学校 (講談社現代新書) 作者: …

「ハンドルを手放せ」

「ハンドルを手放せ」(森田健著)を読了。 これで「不思議の科学」シリーズ3冊に目を通したことになる。 そろそろ「老子」を読むべき時が来たのかもしれない。別に読んだからといって理解が深まるとも思えないが・・・。 ハンドルを手放せ (講談社+α文庫) …

嗚呼ギックリ腰

ギックリ腰になったのでゴム製のコルセットを買ってきた。これを腰骨のところでぐっと巻いてしまえば、とりあえずカラダの前かがみ状態が是正され、最低限度歩けるようになる。ゴム製なので、極論すればそのままシャワーも浴びられ、風呂にも入れるメリット…

「南無阿弥陀仏」=「六」

TV

永六輔さんの追悼特集モードのクローズアップ現代を観た。 初代ブラタモリ・アシスタントの久保田アナが司会。ゲストは五木寛之さん。五木さんが出ていなければ、「報道ステーション」にチャンネルを変えていたかもしれない。 でもって永六輔さんのエピソー…

晴れているのに地元の気象観測点は曇りと発表する

空を見れば太陽がギラギラ照りつける晴れ。天地神明に誓って晴れ。 ところが地元の気象観測点は一日中曇りと発表。山間の天気の変わりやすい地域でもあるまいし、この不確さは尋常でない。全く信用しかねる奴が責任者なのかもしれない。目が徹底して悪いとか…

永六輔さん追悼競馬

フジテレビの「みんなのケイバ」のゲストはドクターコパさんだった。 函館記念の彼の予想の本命は6番マイネルミラノ。 そして1着。さすが風水のオーソリティだ。 今日は予め番組のゲストを調べておいたので、8番絡みを買っていた。6番は囮として飛ぶと考えて…

素人ジョガーのバイブルにしちゃうみやすのんき本

ウォームアップに2.5kmほど走り、そのあと本編を20kmほどジョギングした。 帰宅後カルシウム補給の青汁入り牛乳を飲んでから、ワンダーコアをやろうとして、よっこらしょっと体を後ろに倒そうとすると、腹筋が異様に張っていて全然ムリ。 今日の走りは、なか…

講談社現代新書「渤海国の謎」

講談社現代新書「渤海国の謎」(上田雄著)を読了。 日本海に季節風を使った船のルートが存在しえたようだ。冬の北西風に乗って日本に着き、夏の南東風に乗って帰っていく。そうしてみると、海を隔てた地域といえども無縁ではいられないわけだが、その彼岸の…

「軽トラでやってきた神さま」

「軽トラでやってきた神さま」(西宏著)を読了。 ヘミシンク関連本。ヘミシンク界の第一人者・坂本さんとの巻末の対談がとても実践的アドバイスにあふれていて、この部分だけでも買う価値あり(たぶん)。タイトルの元になっているガイドさんはおっちゃんら…

夏競馬は「みんなのケイバ」のスタジオゲストに注意!?

一昨日の七夕賞。そのレースをチェックするためにフジテレビの「みんなのケイバ」を再生し始めた(これは日曜日の夕刻の出来事)。放送開始直後、見慣れぬタレントさんを発見。もしや?・・・と思ったら横山姓のタレントさんであった。横山典(マジェスティ…

死票覚悟

参議院選挙の投票日。億劫ではあったが、一応投票へ。候補者別の投票用紙に人格的にまあ無難かな?と観える候補者名を書いた後、問題は比例代表の政党名の方だった。最初に個人名を書いた人物が属する党は、比例代表用に列挙されたリスト末尾の方にコイツに…

実験終了

ヘミシンクのCD「内なるガイドにつながる」を2度繰り返して聴いた。聴き終わって意識にこびり付いたのは、競馬の予想をブログに書くのは止めるべき!ということ。たしかに複数の重賞があっても、最近は一部の重賞のみ書いて、他は省略するケースも出てきてい…

爪が脆くなっているなら骨も・・・?

例年になく今年の夏は爪が柔らかくなっている気がする。 手の爪を切っていて手応えが乏しくあっさり切れるだけでなく、足の指(左第3指)の爪は上半分が割れてしまい、今にも完全に剥がれてしまいそうになっているのもある。現在は端の所で引っかかっている…

ずっと笑顔でいてね

テレビ朝日に出ているマツコはなぜか時々観る。「夜の巷を徘徊する」だったり「怒り新党」だったり。他局に出ている時はまず観ないのだが。 今宵水曜日は後者、「マツコ&有吉の怒り新党」の放送日。 その冒頭で局アナの青山愛さんを、テレビ写りが悪いのな…

脚の裏側の張り

「走れマンガ家!ひぃこらサブスリー」を読んでから、走る際の意識を変えた。 腰高意識を否定し少しだけケツを落とす気分で、より下半身を使って走るイメージを持つ。 と同時に股関節の屈曲を意識することで自然と膝が上に来るように感じ、歩幅もあまり意識…

ラジオNIKKEI賞

3番人気の柴山(アップクォーク)を買い目に入れていないことが急に怖くなりつつある。 △印の四位の馬と交換ないし、△にアップクォークをもう一頭追加する気分が肝要かもしれない。実馬券では。 ラジオNIKKEI賞 ◎ ゼーヴィント(戸崎)○ ブラックスピネル(…